Pierce

 

女性はとくに、ピアスを開けたいな~と考えている人は多いのではないでしょうか?
私も、中学生を卒業してすぐ、高校に入る前に4つ、ピアスを開けました。
やっぱり、ピアスって、女の子にとって「憧れ」がありますよね★

 

でも、ピアッサーに恐怖心を感じる人はたくさんいると思いますし、
病院で開ける場合の料金も気になります。
ピアスを病院で開ける場合、セルフで開ける場合、どのような
メリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

私がピアスを病院で開けた話

 

私は全部で8個のピアスを開けました。すべて耳たぶのみ、です。
そのうちいくつかは塞がってしまいましたが、充分ピアスで楽しめています。

 

私はとても痛みに弱いので…。8個すべて、病院で開けました。
ピアッサーは音も凄いと聞きますし、何より痛み、開けたあとのケアが不安でした。
個人的には、病院で開けて良かったな~と思っています。

 

何科に行けばピアスが開けられるの?

 

私は、地元にある「耳鼻科」にてピアスを開けました。
調べてみると、皮膚科や、美容外科などでも開けられるそうです。
逆に耳鼻科で開けられるところのほうが珍しいみたいですね。

 

わざわざ遠くに行くこともないと思うので、お近くの病院を探してみてください。

 

病院でピアスを開ける場合の料金は?

 

私の行った耳鼻科では、4つまでで一律3,000円という料金設定でした。
この価格は今調べてみると、相当安いようです。

 

1つに対し、7,000円~10,000円かかるなんてところもあるようですから、
料金についてはきちんと調べて行った方が良さそうです。

 

尚、この記事を書くにあたって、行った耳鼻科に電話で問い合わせたところ、
今もまだ、4つまで(耳たぶのみ)で3,000円だということです。

 

栃木県にある小倉耳鼻咽喉科医院という耳鼻科の病院ですので、
もし、お近くの方がいらっしゃいましたら、検討してみてください。

 

病院ではどうやってピアスを開けるの?

 

これは病院によってさまざまな方法が取られているようです。
私は昔のことなので記憶が曖昧な部分もあるのですが、注射針で開けました。

 

調べてみると、注射針でピアスを開けると皮膚の損傷が少ないため、
ピアスホールの完成が、ピアッサーと比べて早いようです。
ここは、凄く大きいメリットになるはずです。

 

ピアッサーで開けて、膿んでしまって、結局ホールが塞がってしまった。。。
なんてこともあるようですので、病院で開ける方が安心です。

 

痛みは?

 

申し訳ないですが、私はピアッサーで開けたことがないため、
病院でピアスを開けた時との痛みの違いが分からないのですが…

 

どちらの場合も良く冷やしてから開ければ、痛みは変わらないと思います。
ただ、ピアスを開けた後の痛みで言うと、皮膚の損傷の少ない、
病院でのピアス開けの方がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

ピアッサーで開ける?病院で開ける?

 

ピアッサーの値段は、雑貨屋さんなどで1,000円前後のものが多いです。
対して病院ですと、7,000~10,000円かかるケースもあります。
(保険のきかない実費なので、ピンキリです)

 

また、予約制で、病院に出向かなくてはいけないことを考えると、
手軽さや、料金の上で、ピアッサーで自分で開ける方がラクという見方ができます。

 

しかし、やっぱりピアスはある意味”一生もの”でもありますので、
病院で開ける方を個人的にはおすすめします。

 

まっすぐ綺麗にピアスを開けてもらえると思いますし、
(自分で開けると穴が曲がってしまって、ピアスを刺しにくくなります。
病院でも、開けたい場所にしっかり印をつけてまっすぐ針を入れてもらえます。)
消毒の面、その後のピアスホールの安定、痛み、いろいろ考えても、
病院の方がデメリットが少なく、初めてピアスを開ける方でも安心です!

 

参考にしてみてくださいね★