ohada

 

今年、2016年の土用の丑の日は、7月30日(土曜日)です。

 

今年も、うなぎの季節がやってきましたね~♪
(厳密には、冬が旬なのだそうですが)
いつも食べられるものではないからこそ、土用の丑の日くらいはうなぎを食べ、
しっかりと栄養を摂りたいものです。

 

栄養価が高いことで知られているうなぎですが、
今日は、美容の面から、うなぎの栄養価について紹介していこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

鰻(うなぎ)は栄養価が高い!

 

うなぎの栄養価が高いということは、皆さん知っていると思います。
ビタミン類やミネラル分、DHAや、EPA、タンパク質、いろいろな栄養素が摂れ、
夏バテや夏風邪の予防に効果的だと言われています。

 

そして、これらの成分は、お肌も欲する栄養素となりますので、
夏バテや夏風邪の予防だけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。
健康にも、美容にも良い食べ物なのです。

 

うなぎに含まれる美容に良い栄養素

 

まずは、ビタミン類。

 

ビタミンAは、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する効果があります。
年齢とともに乱れるお肌の新陳代謝を整え、老化を防ぎます。

 

ビタミンB1も同じく、お肌の新陳代謝をあげる効果が期待できますが、
それ以上に、疲労回復効果があります。
体の疲れは年齢とともに、お肌に直結しやすくなるので、疲れを癒やし、
ストレスを軽減することもまた、美容に良い効果が出ます。

 

ビタミンB2は、お肌を綺麗に整える効果の他、美髪効果も高い栄養素です。
皮膚、髪、爪の修復効果が高いので、ツヤのある皮膚、髪、爪になります。

 

ビタミンD、Eも、うなぎの栄養素に含まれます。
骨の成長を助けたり、抗酸化作用、血液がサラサラになるなどの効果があり、
お肌というより、体全体の美容効果・老化防止に繋がります。

 

他にも、カルシウム、亜鉛、鉄分、上記でも紹介させていただいた、
DHA、EPA、タンパク質など、いろいろな栄養素を一度に摂取できます。

 

また、皮の部分には、美肌に効果的なコラーゲンが多く含まれています。
うなぎを食べれば、お肌のハリも出て、ふっくらとした肌になれちゃいます★

 

しかし、残念ながら、こんなにたくさんのビタミン類を摂取できるうなぎですが、
ビタミンCだけは、うなぎから摂ることはできません。

 

スポンサードリンク

 

うなぎから摂れないビタミンCとは?

 

ビタミンCは、美容にとても効果の高い栄養素として知られていますが、
残念なことにうなぎには含まれていない成分です。

 

うなぎから摂取できるコラーゲンや、そのほかの栄養素を効率良く
体内に吸収しはたらかせるためにも、ビタミンCは必須です。

 

うなぎを食べる時は、ビタミンCが多く含まれたものといっしょに
食べるように心がけてください。

 

また、古くからある「うざく」は、うなぎの蒲焼ときゅうりの酢の物のことですが、
ビタミンCとうなぎをいっしょに摂取することができるので、とてもおすすめです。

 

ダイエット効果にも期待できるうなぎ

 

うなぎは、一見、カロリーが凄く高そうに見える食べ物ですが、
意外とカロリーは低く、高タンパク質で栄養価の高いため、
ダイエットに適した食べ物だとも言われています。

 

うなぎに含まれる脂質は、不飽和脂肪酸といって体に良い脂肪です。
健康・美容効果が高いので、ダイエット中に食べるのもアリです。

 

ただし、ご飯がすすむ食べ物なので、白米の食べ過ぎには注意が必要です。
いくらうなぎそのものが栄養価が高く、低カロリーだといっても、
ご飯をたくさん食べてしまえば、ダイエットに逆効果になってしまいます。

 

このように、うなぎの栄養素は、美容効果も非常に高い内容になっています。
土用の丑の日はうなぎを食べて、体もお肌もリフレッシュしないとですね♪